水漏れや水詰まりは生活に影響を及ぼし、すぐに対処をしないと被害が拡大します。

台所周りのトラブルで最も多いのは水回り!?その原因とは

MENU

台所周りのトラブルの大半は水回り

 

台所は食材、キッチン、コンロ(火)を使う場所です。
排水口のゴミ取りカゴに入った生ゴミを放置したり、Siセンサーが付いていないコンロで火をつけっぱなしにしていまうなど、様々なトラブル事例がありますが、深刻な被害が出るケースの大半は、水回りです。

 

台所の水道や排水設備から水漏れや水詰まりが起こると、生活全体に影響をしますし、すぐに対処をしないと被害が拡大して水道だけ修理してもしばらく匂いが残ってしまうこともあります。

 

 

水漏れはささいなものでも、すぐに対処する

 

排水管の掃除

 

台所は水を使う頻度や、蛇口の開け閉めを繰り返すため、水漏れを起こしやすいです。
大惨事になるような水漏れであれば、すぐに修理を呼ぶけど、ちょっと蛇口が緩くなるなど些細な水漏れだと、ごまかしながら使ってしまう方が多いです。

 

しかし、衛生上水漏れは、蛇口やパイプの接合部から水が滲んできたり、ポタポタ落ちる程度の軽い症状でもよくありません。

 

少しでも水漏れが発生していると、頑固な水垢になって落とせないシミになることもありますし、水気を求めてゴキブリなど害虫が寄って来たり、水漏れ周辺のものを腐食してしまうこともあります。

 

水道代に影響が出るような水漏れでなくても、気になることがあればプロの業者を呼んですぐに対処するようにしましょう。

 

 

水詰まりは匂いの原因

 

水詰まりはパイプの中で生ゴミや髪の毛が詰まって発生します。
完全に水が流れなくなる症状にならなくても、流れる勢いがいつもより弱くなった場合は、ゴミが排水管の中で溜まっている証拠です。

 

キッチンを使う分には問題ないからといって放置すると、どんどん腐敗が進んで匂いが悪化しますし、新しく流れてくるゴミがうまく流れず詰まり症状もどんどん悪化してしまいます。

 

水詰まりが起こったら、市販のパイプ洗浄液(詰まり対策用の液体や粉)を使ったり、シュポシュポなどを活用して自分でできる対策を取るか、プロの業者を呼んで直してもらいましょう。
水周りのトラブルは、水漏れよりも水詰まりの方が高額な修理代になることが多いです。

 

水詰まりの修理は、ある程度水が流れるまで直った時点でも妥協はせず、完璧に綺麗に水が流れるまで徹底して行うことが大切です。
排水口に詰まった汚れを完璧に除去することができれば、匂いがなくなり再発リスクも少なくなります。

 

キッチンは生ゴミが流れて水詰まりが起こりやすいので、目が細かい三角コーナーを使ったり、排水ネットでなるべくゴミが流れていかないように配慮しましょう。