シンク下の排水管に隙間があると、下水の臭いが漏れてくることがあります。

シンクの下から臭いがする…原因は調理器具や食器だった!?

MENU

シンク下の収納から異臭が!原因と対策

 

台所周辺を綺麗にしても、臭いが取りきれない時は、シンク下の収納スペースを疑いましょう。
調理用品や調味料のストック、食器など様々な物を収納しているシンク下には臭いの原因になる事がたくさんあります。
シンク下収納の臭いの原因と対処法をまとめました。

 

 

鍋やフライパン、食器は水をよく切ってから収納する

 

シンクと収納

食器棚に収納する小さい食器は、一度乾燥させて、綺麗に拭き取ってから収納する事ができますが、シンク下に収納する大きい鍋やフライパンなどは、洗ったら軽く拭いてそのまま収納する方が多いです。

 

置いておけるスペースがないのでしょうがない事ですが、水気が残っていると当然臭いやカビの原因になります。
台布巾で吹いた後は、キッチンペーパーで再度拭くなど念入りに水を切ってから収納するようにしましょう。

 

 

シンク下の収納スペースは害虫の通り道

 

シンク下はゴキブリや、クモなどの害虫が頻繁に通っている事が多いスペースです。
収納する物を完璧に洗って、水切りをしていたとしても、害虫のフンなどで日々汚れが進行している可能性もあります。

 

定期的にシンク下の収納物を一度全部外に出して、全体を拭き掃除したり、害虫対策をするようにしましょう。

 

また、シンク下は荷物がゴチャゴチャしていて、何か液体が漏れていても、長期間気づかずに放置してしまう場合があります。
こうした対策も含めて、できれば月に1回くらいのペースでシンク下の収納物を全部出して掃除する時間を作るとよいでしょう。

 

 

既にカビが生えているケースも

 

賃貸住宅や、長年人が住んでいる家の場合、既にシンク下の壁の内側にカビが生えている事もあります。
カビが生えていると、ちょっとした掃除などの手入れをしても臭いの原因が残ってしまいます。

 

カビの対処法はアルコールカビ取りグッズを活用して、半日くらいつけ置きをしてカビを除去して、その後さらに半日くらい換気させるとよいでしょう。

 

カビの確認ができたら、なるべく早めに1日かけて掃除を行う日を作りましょう。

 

 

シンク下の排水管の隙間をチェック

 

シンク下は、排水管がむき出しになって通っている事が多いです。
その排水管に隙間があると臭いがそこから漏れている可能性があります。
排水管に問題がある時は業者を呼ぶか、パテ埋めグッズを購入して自分で応急処置をするとよいでしょう。