排水トラップとは排水口の入口付近に水を溜めて下水の匂いを遮る器具のことです。

排水口の臭いの原因2パターン&解決法をご紹介!

MENU

排水口が臭う2つの原因

 

排水口は匂いが溜まりやすく、生活を始めて僅かな期間で強烈な異臭を放ってしまうケースもあります。
家の匂いの対策を取る時は、まずはそれぞれの匂いの原因を理解しておく事が大切です。このページでは、排水口の匂いの原因について紹介します。

 

 

排水口の匂いは2種類ある

 

排水口の匂いの原因は、「排水口自体が汚れている場合」と「下水の匂いが上がっている場合」があります。
原因が分かっていれば、ちょっとした掃除や対処法で解決できる場合があります。

 

 

 

排水口

 

排水口の汚れ

 

台所や洗濯機、洗面所などの排水口は、毎日洗い物などで汚れをたっぷり含んだ水が流れています。
汚れは完全に排水口を通過できずに、一部排水口に残ってコビリついてしまう場合があります。

 

また、排水口の入口の所の周辺の汚れが原因で異臭を放っている場合もあります。
他にも排水口にゴミがたまり、それが腐敗してしまうと、かなり強烈な異臭を放ちます。この部分については「排水口のゴミの腐敗」のページで詳しく解説しています。

 

また、ホースと排水口の間に隙間ができて汚れが溜まるポイントができている事もあるので、掃除不足が原因なのか、構造的な問題が発生しているかを見極める事が大切です。

 

 

下水の匂いが上がっている場合

 

排水口は構造上、下水と繋がっています。
自分が流した下水をはじめ、他の住宅とつながっている下水の匂いが何かしらの問題で排水口から上がってきてしまう事があります。

 

排水口は本来、こうした下水の匂いを止めるべく、トラップという水が溜まるスペースを用意しています。
排水口の入口付近に水が溜まっていれば、それが匂いのバリアとなり、下水の匂いを遮る役割を担います。

 

しかし、排水口の故障によって水が溜まりにくくなったり、旅行や出張、外食などで水を流さない日が数日続くとトラップの水が蒸発して排水口の匂いのバリアがなくなってしまいます。
台所や洗濯機、お風呂場などの排水口は使う機会がなくてもできれば1日1回は水を流してあげると、下水の匂いが居住空間に届くリスクは緩和できます。

 

他にも勢いよく水を流していて、急に水を止めるとトラップに溜まるべく水が水流の勢いで一緒に流れてしまう場合もあります。
トラップの構造を理解して、水を定期的に流したり、トラップ内の水不足にならないような配慮をすると下水の匂いに悩む事がなくなります。