生ごみの臭いを抑えるためには、生ごみの水分を減らしてから捨てることがポイントです。

ゴミ箱の悪臭の原因にも!生ごみの臭いを抑える処理方法

MENU

悪臭防止するための生ごみ処理方法

 

生ゴミは、すぐに腐敗が進み、大量の水分を含んでいるため、処理方法にはコツがあります。

 

特に夏場は、そのままゴミ箱に突っ込んでしまうと、悪臭の原因や害虫の繁殖につながってしまうので、より一層、生ゴミ対策が必要です。
ここでは、手軽にできる生ゴミ処理のコツや裏技などのテクニックをまとめました。

 

 

新聞紙に包んで捨てる

 

生ゴミは、含まれている水分が腐敗の進行を早め、臭いの原因になります。
捨てる前に水を良く切る事も大切ですが、生ゴミは食材そのものに水分を含んでいる事が多く、ゴミ箱の中で少しずつ水分を排出しています。

 

新聞紙

そこで、生ゴミをゴミ箱に捨てる時は新聞紙などで包んで捨てると、匂いの密閉になり、生ゴミから出てくる水分を吸収してくれます。

 

折込チラシを活用する方法もありますが、吸水性や耐久性、匂いの密閉性を考えると新聞紙の素材がベストです。

 

新聞紙がないときは、チラシキッチンペーパーなどで代用しても、そのまま捨てるより大きな効果を得られます。

 

 

捨てる前に、重曹やアルコールなどをふりかける

 

重曹アルコールは、生ゴミの腐敗スピードを遅らせて臭いを抑える効果があります。
3角コーナーなどで、集めた生ゴミは捨てる前に、一手間加えておくと、臭いの抑制につながります。
それぞれドラッグストアや100円均一などで手軽に手に入る物で対処できるので、台所周辺に生ゴミにかけるアイテムを常備しておくとよいでしょう。

 

 

野菜は皮を剥いてから洗う

 

生ゴミは水分を含んだ状態と乾燥している状態で、腐敗や臭いの程度が変わってきます。
野菜を洗う時は、先に皮を剥いて、皮を乾燥した状態で捨ててから水洗いするだけでも臭いを抑制できます。
ゴミの水切りも大切ですが、根本的に水に濡らさずに捨てられる物を区別して調理やごみ捨てを行いましょう。

 

 

魚の内蔵などは、ゴミ出しの日まで冷凍保存

 

魚をさばいた時に出る内蔵や皮をはじめ、数分単位で腐敗が始まり臭いが出てしまう物があります。
こうした強者は、袋で包んだり、アルコールをかけても匂いを抑えきれません。

 

まずは、キッチンペーパーなど紙にくるんで、その後ビニール袋の中に入れてゴミを出す日まで冷凍庫に入れておくと臭いを最小限に抑制できます。
魚の内蔵なども、紙に包んで新鮮なうちにすぐに、冷凍庫に入れれば冷凍庫の中の匂いも気になりません。ジップロックなどで密閉してしまえば、より効果的です。