臭いの原因を究明して、臭いが溜まりにくい環境を作ることが必要です。

キッチン全体が臭う場合の原因・対処法を理解しよう

MENU

キッチン全体が臭う原因と対処法を紹介!

 

台所

 

 

キッチンの臭いの原因は多岐に渡ります。
全体の臭いを対処するには、ポイントを抑えて効率的に除菌や掃除をしていく必要があります。

 

 

キッチンの臭いの原因

 

主なキッチン周辺の臭いの原因は次のものがあります。

 

  • 排水口周辺
  • シンク周辺
  • ガスコンロ周辺
  • ゴミ箱
  • 食器棚
  • 換気扇

 

ゴミ箱や排水トラップなどの手入れ方法は、別ページで詳しく紹介しています。

 

 

まずは臭いが溜まりにくい環境を作る

 

キッチンは、毎日料理で生ゴミや水、油が出るので、どうしても臭いが発生しやすい環境です。
しかし、ちょっとした工夫をする事で、臭いが溜まりにくい環境を作る事ができます。

 

例えば、ゴミ箱は直射日光が当たらない場所に置くようにしたり、水切りネットや三角コーナーで効率的に生ゴミを集められる環境を作りましょう。
小まめに手入れをしているのに、すぐに臭いが際立ってしまう方は、環境の見直しと原因の究明から行うようにしましょう。

 

 

掃除用品を使い分ける

 

キッチン周辺の汚れや臭いの原因は様々な原因があります。

悪い事例では、アルコール除菌と、一般的な洗剤、スポンジだけの限られたツールで手入れをしている人もいます。
キッチン全体を効率的に清潔で無臭にするには、用途に合わせて掃除用品を使い分ける必要があります。

 

ガスコンロ周辺は、油汚れが飛び散るので、重曹強力洗剤金タワシなどを活用しましょう。
漂白剤は、「ゴミ箱は漂白剤で定期的に除菌」のページで紹介している通り、塩素系と酵素系を使い分けましょう。

 

汚れや臭いの原因を、水や生ものなのか?それとも油汚れやヌメリ汚れなのかを考えて、必要に応じて豊富な掃除用品を効率的に使い分ける事が大切です。

 

 

消臭剤を活用する

 

台所まわりの臭い対策は、消臭剤だけでは根本な解決にはなりませんが、常に新しい臭いの原因が発生する場所なので、小まめな手入れをする事を前提に消臭剤を活用する事も大切です。

 

キッチン専用に作られた、スプレー型消臭剤や置き型の消臭剤、芳香剤などを活用しましょう。
キッチン周りは、様々な臭いの原因があるので、フローラルな芳香剤を使うと臭いが融合して、気持ち悪い臭いに発展する事があります。
なるべく無臭タイプの消臭剤を活用する事が望ましいです。