その都度排水口周辺を綺麗にする習慣をつけると、結果的に臭いを取り除く手間が少なくなります。

排水口の生ごみから悪臭が!頑固な臭い・汚れを落とす方法

MENU

排水口に貯まったゴミが腐敗して悪臭が・・・

 

台所まわりは、毎日残飯や調理用具、食材の切れ端など、大量のゴミを流します。
ゴミをしっかり処理できないと、排水口の中で腐敗してしまい悪臭が発生します。
水回りの臭い対策を考える時は、まずはゴミを正しく処理するようにしましょう。

 

 

排水口のゴミの対処法

 

ゴミを確実に処理するには、水切りネットの使用がおすすめです。
シンクのコーナーに水切りバケツを設置する方法もありますが、取りきれなかったゴミや汚れ、ヌメリが排水口に流れてしまいます。

 

水切りネット

水切りネットはコストも安いので、排水口の中の水切りバケツに設置して、少量のゴミでも1日1回必ず新しいものに交換しましょう。

 

生ゴミは水を含むと腐るのが早いので、短期間でも同じ水切りネットを使い続けるとすぐに匂いが強くなってしまいます。

 

また、水切りネットを活用すると水つまりの予防効果も期待できます。

 

 

排水口のゴミは腐敗すると頑固な汚れになる

 

生ゴミは、新鮮な内に処理をすれば、スポンジに洗剤を付けて軽くこするだけで綺麗に処理できます。
しかし、腐敗が進むと排水口周辺にこびりつき、少し擦った程度では汚れや匂いの原因になる菌を完全に落とせなくなります。

 

排水口周辺の掃除は、ついつい数日に一度のペースにしたり省略しがちですが、毎日使ったら、その都度綺麗にする習慣を付けた方が、結果的に臭いを取り除く手間が少なくなります。

 

 

便利グッズを活用しよう

 

台所の排水口周辺の匂い対策には、様々な便利グッズが登場しています。
お手軽で人気が高いのは、台所の生ゴミ用消臭スプレーです。

 

生ゴミは早いもので数分程度で腐敗が始まっていきます。しかし、工程が多い料理をしたり、間食をした時に出たゴミをその都度徹底的に処理と掃除をするのは大きな手間になります。
そういう時に専用のスプレーをかけると、匂いを消臭するだけではなく、生ゴミの腐敗の進行を遅らせてくれます。

 

少しでも生ゴミが出たら、スプレーをひと吹きしていけば1日に1回の掃除と処理だけでも悪臭リスクを大幅に軽減できます。

 

他にもゴミ受けの排水口カバーで2重でゴミをキャッチさせる商品など、僅かなお金で揃えられる便利グッズがたくさんあります。
台所の形状や利用状況に応じて便利グッズを活用していけば、生ゴミの腐敗による匂いを効率的に対処できます。