水切りをしっかり行ってゴミ袋の中の水分を減らしてから、ゴミを捨てましょう。

キッチンのゴミ箱から異臭が!?原因を知り臭い防止しよう

MENU

ゴミ箱掃除のコツと悪化を防ぐ方法

 

キッチンのゴミ箱は、定期的にゴミを出して、常にビニール製のゴミ袋を設置していたとしても、悪臭を放つ事があります。
水回りをどれだけ綺麗にして、小まめなゴミだしを行っていても、ゴミ箱そのものに匂いの原因が残っていると、台所全体に強烈な悪臭が充満します。

 

 

ゴミ箱が臭う原因

ゴミ箱が臭う原因は、主に生ゴミや、プラスチック容器を洗った時に残っている水分が袋から飛び出して、ゴミ箱に付着して、それが腐敗して匂いを発生します。
ゴミ箱が抗菌使用のプラスチックであっても、ゴミから出る水分はゴミ箱の表面に付着して匂いを出します。
またプラスチック素材は、汚れを洗い残す事ができても、臭いが付着しやすい特性があります。

 

 

ゴミ箱の臭いの対処法

 

ゴミ箱の臭いを取り除くには、臭いの原因になる水分を減らして、ゴミ袋から水が漏れないように配慮します。
また、ゴミ捨てをする度に、簡単にゴミ箱をアルコール消毒する事も必要です。

 

ゴミ箱

まずは、ゴミを捨てる前に水切りをしっかり行ってゴミ袋の中の水分自体を減らす事からはじめ、ゴミ袋を2重にしたり、生ゴミはその都度袋に包んで捨てる配慮が大切です。

 

ゴミ箱に付着した水分は、軽度であれば目視で確認できない場合もあります。拭き掃除をする時は水拭きだけではなくて、キッチン用の除菌アルコールスプレーをかけて掃除するようにしましょう。

 

また、生ゴミは腐敗が早いので、ゴミを出しそびれた時や、大量のゴミが出た時はキッチンのゴミ箱の中に溜めていくのではなくて、一度ゴミ袋を占めて、屋外のゴミ箱に移していく事も台所の匂い対策には効果的です。

 

 

ゴミ箱用消臭剤だけの対処は事態を悪化させる

 

ゴミ箱の臭い対策グッズでは、ゴミ箱の天蓋の内側や、底に設置するタイプの消臭剤を活用する方法があります。
ゴミ箱用の消臭剤は強力に作られていて、設置するだけで匂いを緩和する事ができます。

 

しかし、消臭剤はあくまでも匂いをごまかす物です。
ゴミ箱に漏れた水分を放置すると、腐敗が進みゴミ箱にこびりついたり、黒カビを発生させてしまいます。

 

消臭剤の活用はとても良い事ですが、そこに頼って手入れを怠ると事態は悪化して小バエやゴキブリの発生要因にもなり、いざ手入れする時の手間も増えてしまうので注意しましょう。