コビリついた油はゴシゴシと落とすのではなく、分解してから落とすのが原則です。

台所周りのしつこい油汚れをキレイに掃除するテクニック!

MENU

台所の油汚れ

 

キッチン周りは、どうしても油汚れがひどくなってしまいます。
油汚れの原因のほとんどは炒め物から飛び散ったものですが、自炊をする以上は炒める工程を避けることは難しいですし、一切汚れが飛び散らないように料理するのも困難です。

 

つまり、キッチンを使って料理をする以上は、ある程度はコンロやシンクに油汚れがつくことを覚悟して、使用した都度綺麗に掃除する必要があります。

 

 

油汚れは本質を理解していれば怖くない

 

台所の油汚れに対して苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか?
油はこびりつくと通常の台所洗剤でこするだけで落ちなくなってしまいますが、こびりつく前に綺麗にすることと、頑固な油汚れは分解して落とすことを覚えれば簡単に綺麗なキッチンを維持できます。

 

まずは油汚れに強い洗剤と、コンロ周り専用のスポンジを用意しておきましょう。

 

キッチンペーパーを活用する

コンロ周りは洗った後に水で洗い流すことができません。タオルで拭き取ると、今度はタオルを洗うのに苦戦します。
油汚れを専用の洗剤でゴシゴシこすったら、まずはキッチンペーパーで洗剤の泡を綺麗に拭き取って捨てるようにすれば掃除の手間は少なくなります。
キッチンペーパーで仕上げまでしてもいいですし、おおまかな汚れを取ったら最後にタオルで仕上げてもよいでしょう。

 

重曹を活用する

ガスコンロの掃除

台所の油汚れ対策の定番ツールです。
換気扇やコンロなど取り外しができるものは、お湯に重曹を混ぜてつけ置き洗いをしてもいいですし、取り外せない部位の頑固な汚れは重曹を少量の水で混ぜてペースト状にしてスポンジでこするとよいでしょう。

 

その他、日常的な掃除の場合は水で薄めてスプレーボトルに入れて活用すると良いでしょう。

 

油汚れは薄くこびりついたものが何重にもなって頑固な汚れになっていきます。
仕上げに重曹を使って細かい油汚れをしっかり落としてあげると、いつまでも綺麗なキッチンを維持できます。

 

頑固な汚れは身近な便利ツールを活用する

オリーブオイルやみかんの皮を煮込んだミカン汁など、身近なもので油汚れに強いツールはたくさんあります。
大掃除やこびりついた汚れを落とすときは、油汚れに相性の良いツールを駆使することが必要です。
ゴシゴシと力勝負で落とすのではなく、コビリついた油は分解してから落とす原則を忘れないようにしましょう。