業者を呼ぶ事態になる前に!台所まわりの臭いを除去するお掃除方法を徹底解説します。

何故臭う?台所から漂うイヤな臭いの意外な原因

MENU

台所まわりの臭いの原因と対策を紹介!

 

家の中は、嫌な匂いを排除して、常に衛生的な状態を維持したいものです。
しかし、掃除や整頓を心がけても、家の中から嫌な匂いが取れない事があります。

 

こうした状況でまず疑う事が必要なのが、台所まわりです。

 

キッチンは、毎日の料理で生ものと水を扱うので、菌が繁殖しやすい環境です。
当サイトでは、台所まわりの意外な匂いの原因と、家の中を清潔に保つための対処法について紹介しています。

 

台所用品

 

 

居住者は家の嫌な匂いに気がつかない時も

 

特に男性の場合に多い現象ですが、自分の家の嫌な匂いには居住者自身は気がつかない事があります。

 

特に台所周りの匂いは、毎日簡単な掃除をしていても、少しずつ匂いが蓄積されて行くため、毎日同じ家で生活していると、その変化に気づきにくい特性があります。

 

口を覆う女性

そこに、客人が訪れると匂いに敏感に反応されてしまい、悪い印象を持たれる可能性もあります。
さらに、台所の匂いの原因を放置しておくと、ゴキブリをはじめ害虫の発生に繋がり、いざ対処しようとしても簡単に解決できなくなってしまう事があります。

 

今現在、家の匂いに気になっていない方も、今一度不衛生な環境になっていないか再確認するとよいでしょう。

 

 

台所まわりは見た目だけで判断しない

 

目に見える汚れや水垢を綺麗に洗い流す事は大切ですが、台所まわりは見た目が綺麗になっても細菌など匂いの原因がたっぷり残っている事もあります。

 

また、水回りは水の跳ね返りや、排水口の中など、日常使用の中では目が届かないような所に汚れが溜まっていきます。

 

他にもスポンジやタワシなどの掃除用具やふきんなどに菌が残って繁殖したり、飛び散った汚れが床や食器棚などの扉まで広がっている事もあります。
見た目が綺麗になっても安心せずに、匂いの原因は残さず除去するようにしましょう。

 

 

掃除不足が原因ではない!?根本的な故障が原因の場合も!!

 

台所をはじめ水回りは毎日過酷な環境を強いられる場所です。
排水ホースの破損や、水つまり、下水から匂いが上ってきてしまう動線ができていれば、どれだけ掃除を頑張っても、匂いは消えません。
匂い対策や掃除を頑張っても解決できない時は業者を呼んで点検してもらう事も大切です。

 

 

一度、徹底的に掃除する時間を作る

 

台所まわりの匂いの原因は様々な理由があります。
排水管まわりだけではなく、シンク収納掃除用具など台所周辺の全てのものに原因が考えられます。

 

掃除不足を自覚している方の場合は、匂いの原因が複数に渡っている場合もあります。
例えば、排水口周辺を徹底して掃除をしたけど、匂いが取れなかった場合、匂いの原因は排水口ではないと勘違いして、その後の掃除がおろそかになる可能性もあります。
しかし、実際には排水口も原因の一つになっていて、日を改めて他の部分を掃除しても、今度は排水口の匂いが残っていて効果を実感できない場合があります。

 

匂いが気になっている方は大変かもしれないですが、シンクや食器棚など収納の荷物を一度全部出して、徹底的に掃除する時間を作ると、効果を実感でき大きな原因の究明がしやすいです。

 

匂いを放置するリスク

 

台所周辺の匂いは、客人が少ない単身者などは、諦めて放置してしまう人もいます。
匂い自体は居住者が我慢できれば大きな問題はありませんが、匂いの原因を放置すると、他の問題に発展するリスクがあります。

 

その代表事例は、害虫問題水つまりです。

 

害虫はゴキブリをはじめ、状況によってはネズミハクビシンを呼び寄せてしまう事があります。

 

ゴキブリは一度発生すると個人では簡単に撲滅させる事が難しく、夏は常にゴキブリと格闘する日が続いてしまいます。
ネズミは住み着いてしまうと、配線などを噛じられて、家電の故障リスクが出ます。
ハクビシンは深夜の騒音や排泄物の異臭などのリスクがあり、捕獲するには業者に依頼しないと難しくなってしまいます。

 

匂いに対して危機感が少ない人でも、その先にあるリスクや弊害を考慮して早めに対処するようにしましょう。

 

また、汚れが溜まっていき水つまりに発展すると、業者を呼ばないと対処できません。
水つまりは部位や症状にもよりますが、水漏れよりも費用が高くついてしまう事もあるので気をつけましょう。